髪の傷みで悩んでいる女性が9割を超えるようになりました。
これと同時に多くなっているのが「髪が広がってまとまらない」という声です。

これは髪のダメージによって髪の水分が不足することが原因。
髪の痛みが蓄積すると水分不足が続き、最後には髪がプッツリ切れてしまいます。

そうならないように、今のうちから髪の傷みとダメージをケアしておきましょう。

美容室で徹底的にケアすれば、髪の傷みは簡単に解消できますが毎日美容室に通う訳にもいきません。
そこで、今回は自宅で髪の傷みをケアする簡単な方法をお話します。

その方法は、ダメージの原因を知ればとっても簡単。

ダメージの原因については、すでにお話ししたのでこの対策をしっかりと立てればいいんです。

まだダメージの原因を読んでないなら、まずはこちらの記事をご覧ください。

ダメージヘアを原因から解決

髪の痛みをケアする1つ目の方法は、「熱」
ドライヤーの熱は髪の性質を一瞬で変えてしまうほど強力なダメージですから、ドライヤーの使い方は絶対に正しい方法を身に付けてください。

これを知らないと、どんなにケアしてもいつまでも髪の傷みに悩まされることになります。

の痛みをケアする2つ目の方法は、「美容室帰りのケア」
美容室さんが一生懸命開発してくれたカット技術で、あなの髪はスタイリングしやすい髪になっています。
でも、髪の傷みはその分大きくなったのですから、あなたは美容室帰りには念入りなケアが必要になっています。
美容室ではトリートメントコースが用意されていますが、これを毎日することは無理。
ですから、自宅でしっかりとトリートメントをおこなってください。
トリートメントはただつけるのではなく、正しい使用法を身に付けましょう。

髪の痛みをケアする3つ目の方法は「トリートメント」
髪の傷みを解決する最高の方法は、何と言っても毎日のトリートメントです。

自分にぴったりのトリートメントを選べて、その効果を何倍にも引き出せる正しい方法を身に付ければ髪の傷みは解決します。

さらに忘れてはいけないのがシャンプーです。
シャンプーは、トリートメントを高めるものでケアは期待できませんが、このシャンプー選びと方法が間違っていると、どんなトリートメントもまったく効果を発揮できなくなります。

正しいシャンプー選びと方法で、正しいトリートメント選びと方法をおこなう。

これが髪の傷みをケアする1番の方法なのです。




Comments are closed.